おじさんの気ままなダイアリー

スマイルデコーダR4使ってみました。

やあさんから少し前に部品時ほぼ実装済みのスマイルデコーダR4を評価用として頒布頂いていたのですが、外観見た以外出来てなく、今頃になってやっと走らせる事ができました。
まず外観ですが、さすがに半田付け綺麗です。安心感があります。
モータードライバだけは自分で半田付けするという、少しマニアックな要素が残っています。
できたものがこれ。


実験用に221系に搭載します。今回コネクタを介した接続にしました。後でスケッチ変えたりデコーダ付け替えたりする事が見込まれる為。

で動作確認の後、いざグランシャリオへ。
いつもお世話になっているレンタルレイウト屋さんです。今まではNゲージのレイアウトだけでしたが、先日HOのレイアウトが出来ました。
こんな感じです。

さて、自分が所有しているのはNゲージなので元々あるレイアウトの方を使わせてもらいます。
いよいよ巨大レイアウトでの耐久試験です。
大体の評価は他の方がやっているので、勾配有りの巨大レイアウト&長編成での高負荷耐久試験です。
こんな感じで走らせました。


結果は、無事1時間走行し続けました。電流流せない版とのことで少し心配でしたが、しっかりした設計です。
量産版、後長編成だと勾配のところでのBEMF対応版も試してみたいものです。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ