おじさんの気ままなダイアリー

DCC/MM2ボードを使ってみる ~準備編~  (いきなりDCC!シリーズ)

「電機屋の毎日」の管理人、やあさんからDCC/MM2シールドのモニターをさせていただくことになりました。
その使用感等を何回かにわたってレポートさせていただきます。

DCCとは、Digital Command control(デジタル コマンド コントロール:デジタル指令制御)の略で、線路上に線路にデジタル信号電流を流してやることによって車両やポイント等を制御する、鉄道模型の制御システムの一つとの事です。
詳しくは、以下のページが参考になると思います。

  ホビーセンターカトーホームページ>>DCC
    http://www.katomodels.com/hobby/dcc/

普通に運転して楽しむなら専用のDCCコントローラが市販されているのでそれで充分ですが、列車の自動制御とかをしたい人の為に、市販のarduino評価ボードにシールドの形でハードを実装、パソコンからコントロールできるようにしたのが、今回紹介する"DCC/MM2シールド"です。

今回は、最初の準備として、ツールをインストールするところまでをレポートします。

尚、このシールドについてはやあさんにより以下のページで解説されています。適宜参照ください。

 <1> Desktop Station
     
http://yaasan.mints.ne.jp/gateway/index_jp.html


■1 DCC/MM2シールドの取り付け

元々arduinoボードに実装を考えていたのですが、最近欲が出てきまして、スケッチの書き込み省力化とかwifi化等を考えるようになったので、ボードを変更、Intel galileo gen2ボード にDC/MM2シールドを実装しました。(といっても差し込んだだけですが)

DCC/MM2シールド
 DC/MM2シールド

で、これを手持ちの galileo gen2 に、ピンを曲げないように真っ直ぐ慎重にさします。

galileo gen2 に実装
 galileo gen2に実装


線路とDCC/MM2シールドの接続については、現時点では改めて書いてはいないのですが、<1>のHPの写真で確認できました。(自分でキットを組み立てている人は基板制作の時に確認済みだと思われるのですが、私はいきなり出来上がったものだったので、迷ってしまいました。。)


■2 ソフト準備

これも先ほどの<1>のHPにある「ソフト準備」というページの解説に従って進めます。
arduino自体のセットアップは済んでるので、DSGatewayLibをリンク先がらダウンロード、解凍して、解説に従って所定のフォルダに置きます。そしてarduinoIDEを起動します。

スケッチ例からDSGatewayを開いて、そのままコンパイルして書き込みだな、と思っていたら

   fatal error: DSGwatewaylibG.h

怒られてしまいました。。 解凍しただけではヘッダファイルが読める場所にないので、フォルダを探して、ソースファイルと同じところにコピーする必要があるようです。

で、コピーすると、今度はコンパイル、書き込みができました。


続いて、PC側のソフト、DesktopStationをインストールします。
リンク先がらダウンロード、解凍します。そして解凍したフォルダを開き、bin/の下にあるdesktopstationを起動します。
(素人的にはdesktopstationのファイルの場所や各フォルダの解説が欲しいところです。)

すると以下のような画面が立ち上がりました。

 desktopstation初回起動画面



今回、多少初心者の私には迷うところがありましたが、なかなか解説のページもよくできていてさすがだと思いました。

という事で、今回はハードの組み付けとソフトの準備までをしました。
次回、DesktopStationの起動、初期設定以降をしていきます。
スポンサーサイト

コメント

DCCへの扉へ一歩一歩進んでいく過程がgood!

  • 2014/11/29(土) 09:23:22 |
  • URL |
  • MECY #-
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

まとめ